ログ蓄積・監査「LRM」

製品概要

WEEDS AGENTで取得したアクセスログを保管・分析・レポーティングするのがLRM( WEEDS Log-RepositoryManager )です。​

LRMはWEEDS AGENTで取得したアクセスログだけでなく、OS標準ログや※1ネットワーク機器のログ取込機能もある為、統合ログ管理にもご利用いただけます。​

また、アクセスログをため込むだけでなく、各種AGENT製品に標準で備わるポリシー機能を利用することで、インシデントが発生した際にも即座に検知し、その後のインシデント調査にご利用頂けます。​

尚、アクセスログに対する不正防止の為の暗号化やバックアップ・リストア機能によってログサーバーの管理・メンテナンスを助けます。​

※1ネットワーク機器のログ取込機能はオプション対応となります。

統合ログセキュリティサーバーとして監査運用の中心に​

機能一覧

監視ポリシー WST アクセス許可時間ポリシー / 特権IDポリシー / コマンドポリシー /アプリケーションポリシー / ファイル・ディレクトリーポリシー / 管理者権限ポリシー 休日ポリシー
UXT アクセス許可時間ポリシー / 特権IDポリシー / コマンドポリシー /未許可IDポリシー​ アクセス許可IPポリシー / 休日ポリシー
DBT アクセス許可時間ポリシー / 特権IDポリシー / 監視テーブルポリシー​ アクセス許可アプリケーションポリシー / 監視アクションポリシー / 処理件数ポリシー
WIN アクセス許可時間ポリシー / 特権IDポリシー / 監視テーブルポリシー​ アクセス許可アプリケーションポリシー / 監視アクションポリシー / 処理件数ポリシー
マスタ情報 登録種別 システム情報 / サーバ情報 / DB情報 / 社員情報( 部署・氏名 ・権限等 )
データ保管 リアルタイム閲覧データ 指定月数を保持(データベース内)
バックアップデータ 日単位でバックアップファイル生成​
リストア バックアップファイル単位でリストア可能​
パフォーマンス ログパーティショニング 月毎のパーティショニングテーブルに分割保管​ ( 独自パーティショニング機構 )
警告機能 通知方法 イベントログ
ログ改ざん防止 暗号化 WEEDS独自方式
耐障害性 冗長化 ログサーバの冗長化構成

動作環境

稼働条件 対象OS Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2​ Windows Server 2016​ Windows Server 2019
​​CPU インテル Xeon プロセッサー 4C / 4T​
メモリ 16GB以上
ハードディスク 導入対象となるWEEDS AGENTの種類や導入台数により異なります。​
対応Webブラウザ 対象OS Windows 8.1​ Windows 10​ Windows Server 2012​ Windows Server 2012 R2​ Windows Server 2016​ Windows Server 2019
WEBブラウザ Internet Explorer 11​ Google Chrome