お客様の業務をITでサポートするアクセスログ監査システムのウイーズ・システムズ

03-6721-1356

SAS-Trace

SAS-Trace 機能概要

SAS-Trace とは

ログ取得

SAS-Trace では、統計分析ツールSASの標準機能である“Workspaceサーバログ”と SAS-traceで取得する端末の操作ログを突合し、SAS単体では取得困難な「データのダウンロード操作 」など情報漏えいリスクのある操作を取得することが出来ます。

対応バージョン

  • SAS 9.3
  • SAS 9.4

対応アプリケーション

  • SAS Enterprise Guide 4.3
  • SAS Enterprise Guide 7.1

特長① SAS単体では取得困難な操作を取得

Enterprise Guide ではデータを幾つかの手法でダウンロードが可能です。
SAS-Trace では Enterprise Guide において主要となるダウンロード系の操作を漏れなく取得することが出来ます。

《対応ダウンロード操作》

特長② SAS Workspaceサーバ処理結果の確認も可能

情報漏えいリスクに繋がる端末操作の取得のみならず、SAS Workspace サーバにおける処理結果の確認も可能です。
Enterprise Guide の各分析機能により発行されるSASコードなどの詳細情報も取得していますので、分析機能においてどのような処理が実行されたかなどを確認することが出来ます。

《SAS-Trace取得対象ログ》

SAS-Trace 機能詳細

稼動条件対象OSSAS Workspace サーバ:Windows 2008 R2, Windows 2012, Windows 2012 R2
クライアント端末:Windows 7, Windows 10
対応SASバージョンSAS 9.3, SAS 9.4
対応SASアプリケーションEnterprise Guide 4.3, Enterprise Guide 7.1
ログ取得ログ取得範囲SAS Enterprise Guide におけるダウンロード系の操作
SAS Workspace サーバの処理
ログ取得項目ログイン日時、ログオフ日時、端末ログインユーザーID、SASログインユーザーID、端末名、端末IPアドレス、利用アプリケーション、SASデータセット名、SASデータのオープン(参照)、SASデータのエクスポート操作、SASデータのEXCEL送信、SASデータセットのダウンロード、SAS Workspace サーバ処理結果
ログ転送規程間隔
ログ量5MB/日(1ユーザ)

SAS-Trace レポート一覧

項番名称内容
01SASログイン一覧SASに対するログイン履歴が一覧されます。
02利用ユーザ一覧指定期間内におけるユーザ別、アプリケーション別のSAS利用状況が日付順に一覧されます。
03利用データセット一覧指定期間内におけるデータセットの利用履歴が時間順に一覧されます。
04エクスポート操作一覧SASデータセットのエクスポート操作が時間順に一覧されます。
05ユーザ操作一覧指定されたSASユーザIDにおけるPC操作状況が時間順に一覧されます。
06SAS Workspace サーバ処理一覧指定されたログインにおける SAS Workspace サーバの処理内容が時間順に一覧されます。